ココロのリフレッシュにはプチ散歩「日本古来の履物」でカラダも一緒に癒しましょう!

a0002_006602

「足は第二の心臓」だから履物にもひと工夫を!

夜、自宅でのんびりしながらも、ちょっと外出して気分転換したい時は、コンビニに出かけるのがお手軽。プチ散歩にもなります。

 

そんな時、用意しておくと便利なのが、セッタ(雪駄)や、ゲタ(下駄)など、日本古来の履物です。靴やサンダルは、まんべんなく底全体に重心がかかるような設計になっているため、歩く時は、自然とカラダをねじっています(反動をつけ、力をためている)。

 

ところが、セッタやゲタは、歩く時に重心が前にかかるようにつくられているため、前に前に重心をかけながらカラダを移動させます。カラダを不必要にねじらないで、ヒザや腰、足に不要な負担を与えずに歩くことができるのです。

 

しかも、前のめり歩行で、足の指に力を入れないと歩けないので、親指やヒザをきたえ、腰を強くします。ちょうど、スキー板をはいて前に進むのに似ているセッタやゲタは、まさに「健康サンダル」にまさる「健康セッタ」「健康ゲタ」だったのです。

 

セッタもゲタも、スーパーや履物の量販店に行けば、安価で売られているし、一度買えば長い間利用できるのでおトク。「第二の心臓」を呼ばれる足……。履物を工夫することで、ココロとカラダの両方にいい影響を与えましょう。


スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

「お金かけたくないし、外出も面倒だ」そんなあなたにお勧めの「酸素アップ作戦」暖房でナマったカラダとココロが5分でイキイキ!皮膚を刺激すると、脳が活発になります。

 

生まれる前、人間は脳や皮膚が同じ外胚葉で、そこから胎児となり生まれてきたもので、もともとは脳も皮膚もつながっていたのです。

 

ですから、皮膚と脳は密接な関係にあり、神経細胞でつながっていますから、皮膚感覚で癒されると、脳も癒しを感じます。

 

床屋や美容院で、頭を洗ってもらい、頭髪を切りマッサージを受けると気持ちがいいでいいですが、それは頭の皮膚に心地よい刺激が加わるから。

 

ただ、美容院でもおしゃべりな美容師に担当されると、ひっきりなしに話しかけられウザったく感じることがあります。心地よいのは皮膚に加わる物理的な刺激であって、他人のおしゃべりによってではないのです。

 

誰とも口をきくこともなく、かつ皮膚感覚に刺激を与えて脳を気持ちよくしたい…。でも外出するのはおっくうだし、お金もかかる…。そんな思いのあなたには、カンタンでソクできる「換気による酸素アップ作戦」がお勧めです。

 

暖房をとめて、窓を開け、部屋に酸素を取り入れてください。冷たい冬の冷気にさらされると、皮膚は新鮮な空気によって刺激を受け、脳も活性化され、イキイキとしてきます。タダで、カンタンにできる「脳の癒し」法なのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

同じ失敗を繰り返さない方法

失敗したことを強烈に実感する! 「また、契約書に記載事項漏れがあった」「仕事にまた遅刻してしまった」「また、見積の金額を間…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る