「お酒でストレス発散!」はもう古い!?今どき会社員は「食べる」「寝る」!その理由にブラック企業!?

会社員の 60%以上が「美味しいものを食べる」「寝る」でストレス発散!

「給料が安すぎる」、「評価が平等でない」、「上司が自分勝手」などの不満からくるストレスは仕事につきものです。

 

では、今どきの会社員はストレスをどのように発散しているのでしょうか?調査結果によると、仕事のストレス発散方法のベスト 5 は、

 

1 位「美味しいものを食べる」

2 位「寝る」

3 位「買い物」

4 位「お酒を飲む」

5 位「家族と過ごす」

 

となりました。お酒や買い物といったよく耳にするストレス発散方法を上回り、60%以上の方が「寝る」を選択しています。

 

年代別にストレス発散方法を確認してみると、「美味しいものを食べる」は

 

20 歳代が 73.3%

30 歳代が 61.2%

40 歳代が 50.5%

 

「寝る」は

 

20 歳代が 67.5%

30 歳代が 53.4%

40 歳代が 60.2%

 

となり、ともに 20 歳代がもっとも高い結果となりました。

 

スポンサードリンク

 

遊びたい盛りであるはずの 20 歳代がもっとも「食べて寝る」ことでストレスを発散している傾向にあるようです。


スポンサードリンク

 

次に、「自分の会社をブラック企業と思うか?」という質問を基に、「思う」と答えた人(54 人)、「思わない」と答えた人(209 人)、それぞれのストレス発散方法を確認しました。

 

すると、「美味しいものを食べる」「寝る」ともに、「思う」という人の 70%以上が選択しており、「思わない」人よりも 10%以上高い結果となりました。

 

仕事のストレス発散方法とブラック企業の関連性アリ?

今、社会問題となっているブラック企業は、若者を低賃金で朝から晩まで酷使しており、残業代の未払いやパワハラも問題となっています。

 

20 歳代や、ブラック企業で働いていると思う人に、「美味しいものを食べる」、「寝る」でストレスを発散する人が多いのは、そのような過酷な労働環境を強いられている人が多いからではないでしょうか?

 

精神的にも肉体的にもクタクタになるまで働いているから体を休めたい、生活に余裕がないからお金をかけてストレス発散できない、とも考えられます。

 

この調査結果が、ブラック企業問題で取り沙汰されている過酷な労働環境と関連しているのであれば、ブラック企業と闘い、企業側の意識が改善されることで、会社員のストレス発散方法も変わってくるかもしれません。⇒ブラック企業と戦う!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

気に障る言葉を好意的に解釈する方法~こちらから動こう!

文面は同じでも…… 同じ言葉でも、自分が相手のことをどう思っているかで受け取り方がかわります。 …

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る