部屋は広ければいいものではない~ラクに感じる広さがベスト!あなたのカラダに眠る「身体記憶」を探ろう!

身体記憶という言葉があります。これは、私たちのカラダには「記憶」が染みつき、その記憶の影響を受けて生きているという、「気」の考え方です。

 

たとえば、自活して四畳半の部屋に住んでいる人は、狭い居住空間に悩みますが、自活する前、親と同居していた時、広い家に住んでいた場合は、その人のカラダには「広い家に住んでいた記憶」が残っています。

 

自活して、四畳半生活に甘んじていても、カラダの記憶は広い家を覚えている。そうすると、自然と、カラダがよく動き、よく働いて、やがてもっと広い家に住むようになります。

 

もしあなたが今、住んでいる家に満足感を覚えているのなら、それはそれで「もっともよい癒しの居住空間」といえるでしょう。なぜなら、あなたが今生活している住まいの大きさは、あなたのカラダにある「身体記憶」にほぼあっているからです。

 

人は、自分の「身体記憶」に近いスケールの住まいにいる限り、とても心身がラクで、心地よいのです。しかし、「もっと広い家に住みたい。窮屈で、息がつまりそうだ」と思っているあなたは、「身体記憶」が引っ越しを訴えているのかも……。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

 

金縛りで悩むことがあるあなた!覚えておいて!この方法指を使って1分ではずせる「金縛り」

実は、金縛りにあう若者がだんだん多くなっています。女性が多いのですが、男性でもあうことがあり、実際はごくまれな体験でも、当の本人にとっては非常に怖い経験、現象なのです。

 

あなたが男性なら、金縛りで悩む女性に適切なアドバイスができれば、頼もしい限り。そこで、金縛りにあった時、カンタンに「はずせる」方法を教えましょう。

 

これは、非常に疲れて、自分のカラダが自分のものでないように感じる時でも応用できますので、ぜひ覚えておいてください。

 

まず、金縛りにあったら、あわてず、自分の手に、神経を集中させます。そして、一本一本、片手の指を折り曲げ、終わったらもう一方の手の指も、一本一本折り曲げます。それがすんだら、今度は逆に一本一本指を伸ばしていきます。

 

左手、右手順番に、あるいは左右同時にやってもかまいません。要するに、「手の指」だけに神経を集中させれば、金縛りはとけることが多いのです。金縛りは、「霊の現象だ」「いや、ただカラダが極度に疲労しただけだ」と、諸説粉々。

 

しかし以上のように指を順繰りに折り曲げ、伸ばしていく動作に神経を集中させれば、驚くほどスッキリとけてしまいます。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

どこでも集中できるようにするためには!?自分だけでウォーミングアップ!

ノイズや刺激をシャットアウト! 快適で静かなオフィスで仕事をするのに越したことはありませんが、実際はノイズが常に耳に入ります。しかしビジネ…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る