「こんなに愛情を注いでいるのに、どうして私を愛してくれないの?」求めすぎると手に入らない!?

 

もっと愛されたい! もっと愛してほしい!

恋人からの愛情がほしくてほしくてたまらないという人は少なくありません。

 

愛する人から愛情が欲しいと思うのは当然のことでしょう。

 

でも、それを際限なく求めてしまうと、相手はあなたに愛情を注ぐどころか身を引いてしまうかもしれません。

 

相手との関係が良好なのに、愛情がまだ足りないという人がいます。

 

ほかの人からは、すでに十分愛されているように見えることでしょうし、実際に相手のほうもこれ以上ないくらい愛してくれているはずです。

 

それなのに 一体どうしてさらに愛情を求めてしまうのでしょうか。

 

不安が欲求を加速させる

あなたがもし「愛情が足りない」と感じているのであれば、その原因は不安なのではないでしょうか。

 

愛情を受け取っても受け取っても、足りないと感じるのは、その愛情がいつかなくなってしまうものだと感じているからかもしれません。

 

なくなってしまうまでの間に、できるだけ愛情がほしいと思ってしまっているです。

 

でも、それはやがて致命的な不和を生み出しす原因です。あなたの恋人は、あなたに十分愛情を注いでいるつもりです。

 

それなのにあなたが、「まだ愛が足りない!どうしてもっと愛してくれないの?」

 

と、攻撃的 なまでに求められてしまったら……。

 

相手はあなたについていけず離れていってしまうことでしょう。そうなると、さらに愛情への欲求が強まってしまいます。

 

求めすぎなければ、いつまでもそばにあったはずの愛情を、求めすぎることによって失ってしまい、それをおそれて次の恋愛でも「もっともっと」と欲しがってしまう。


スポンサードリンク

 

これでは悪循環ですね。

 

スポンサードリンク

 

また、欲しがってばかりの人は自分から与えることも上手ではありません。

 

「こんなに私が愛情を注いでいるのに、どうしてあなたは私を愛してくれないの?」なんて心理に陥りがちに。

 

でも相手は本当にあなたを愛していないのでしょうか。

 

与える事に目が行きすぎて、視野が狭くなってしまってはいませんか?

 

目の前に恋人がいて、あなたに愛情を伝えてくれる。

 

その状態に、不安になる必要なんてどこにもありません。あなたの求めているものは、すべて満たされています。

 

失ってもいないのに、失うことをおそれるなんて、冷静に考えるとなんだか滑稽ではありませんか?

 

まるで童話の「青い鳥」のようです。追い求めていた幸せは、身近なところに最初からあったのです。

 

相手の愛情を信じること

とにかく、まずは恋人を信じてみることからはじめてみませんか?

 

相手と一緒にいるとき「私は愛されているんだ」と思ってみてください。

 

相手の一挙一動から、あなたへの愛を感じられるのではありませんか?

 

幸せな関係を維持するために大切なのは、相手をもっとよく見て信頼することです。

 

まとめ

相手を信じられれば 愛を求めすぎることはなくなる

 

さらに具体的な改善方法は、こちらをご参考にされてみてください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

“スランプ”から簡単に脱出する方法

いつもと違う行動パターン 「最近、売上が伸び悩んでいる」「上手くいってたときの感覚がわからなくなった」など、私たちは、スラ…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る