「苦手な人」の存在はマイナスばかりじゃない!?

 

まずは、理由を考えてみましょう

「この人と会話しているとなんだかイライラする!」

 

「いつも話しかけてくる人がいるけど、正直めんどくさい…」

 

「あの人といると ついついケンカ腰になってしまう」
などなど…あなたは身の回りに苦手な人がいませんか?

 

苦手な人と「今すぐ仲良くしよう!」というのは難しいかもしれませんが、あなたが相手に対する理解を深めることはそう難しくありません。

 

今よりもっと楽に、苦手な人と付き合えるようになるはずです。

 

まずは、あなたがどうして相手を苦手に思うのか、その理由を考えてみましょう。

 

「私が興味のないことについて あの人は長々と話しをしてくるから」

 

「私がやりたいと思っていることに、あの人はいつも反論してくるから」

 

など、何かしら思い当たる理由があると思います。

 

それらの理由は一言でまとめると「考え方が違う」ということになりませんか?

 

あなたの考え方と相手の考え方が異なるために、あなたは苦手に感じてしまうのです。

 

たとえば、「仕事よりもプライベートが大切」という考え方と、「プライベートよりは仕事を優先すべき」という考え方は、まったくの真逆です。

 

だからといって、苦手な人をあからさまに避けたり、攻撃的な態度をとってしまうというのはいけません。

 

それではあなた自身の心にも大きな負担がかかります。

 

スポンサードリンク

 

「苦手な人」の存在にもプラスはある!

苦手な人はあなたにとってマイナスばかりではありません。


スポンサードリンク

 

そこに気づくことができれば、あなたが毎日感じている苦手意識を減らせるはずです。

 

たとえば、苦手な人はあなたにはない発想や価値観を持っています。

 

そんな人と接することで、あなたの考え方の幅を広げることができるはずです。

 

「こんな意見を持った人もいるんだなあ」と、一歩引いた立場で考えることができるようになれば、あなたの苦手意識が少し軽減するのではないでしょうか。

 

「どうしても相容れない、納得できない!」という相手の考え方に対しては、むしろ反面教師にしてしまえばいいのです。

 

あなたが苦手に思う行動を、あなた自身がほかの人にしなければいいのです。

 

また、苦手な相手の行動をじっくり観察することで、あなた自身のことが分かります。

 

相手を苦手な理由は、あなたの克服するべき弱点かもしれません。

 

苦手な人はあなたに成長のチャンスを与えてくれるのです。

 

苦手な人に意識を向けすぎないように!

とはいえ 苦手な人と接するのはものすごくエネルギーを使う大変なことです。

 

苦手な人の存在をプラスに受け取ろうとしてもうまくいかないという人も多いでしょう。

 

「どうしても相手の価値観を認められないし、向き合い続けるなんてもってのほか!」と 思うのであれば、日常の中で相手を意識する時間を極力減らしてみましょう。

 

一日中暗い気持ちになってしまうので、「今日はあの人と会うから憂鬱だ」などと考えないようにしましょう。

 

まとめ

苦手な人から学べることは多い

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

時には会社をズル休み!実直な人ほど、ズル休みを……!?

実直な人ほど、ズル休みを……!? 「ズル休み」という響きに抵抗を持ったあなたは、とても律儀な働き者なのでしょう。 …

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る