トラウマを受けた被災者のための実用的なストレス解消法

 

実用的なストレス解消法

地震や津波が過ぎ去っても、被災生活はまだまだ続きます。

これがどれほど辛い経験だったかは、被害を直接受けた方々にしか分かりません。

 

凄まじい損害、苦しみ、悲しみを体験され、普通の生活に戻るまでは、この苦しみにどう対処すれば良いのでしょうか?

 

精神面などのケアは、どう始めれば良いのでしょうか?

ケアは可能です。あなたを助けようとしている人々、そしてあなたが普通の生活に戻れるよう努力してくれている人はたくさんいます。

 

あなたは、決して一人ではありません。しかし、今あなたに置かれた状況は、非常に大変だということは確かなのです。

 

誰でも、比較的に短期間のストレスに対処することはできますが、長期間のストレスに対しては、簡単に対処することはできません。

 

何故このストレスに対処するのが、あなたにとって重要なのでしょうか?

ストレスは疲労をもたらします。継続的に蓄積したストレスは、あなたのエネルギーを蝕んでいきます。今、あなたにとって一番望ましくないことは、疲労です。力強く、そして元気いっぱいになり、復活を目指す必要があります。

 

一日数分間だけ、自分の力回復に使いましょう。普通の生活に戻るのに必要な力を取り戻す為、ストレス解消法を使いましょう。

 

ストレス解消法は、痛く凝っている筋肉をリラックスさせてくれます。ストレス解消は、冷静に考えられるよう、心を安らかにしてくれます。

 

ここで紹介される方法は、夜安心して眠れるよう、心の痛みを癒してくれます。

 

自身を無くさないこと

無くさないものとは?それは、あなた自身です!あなたはまだ生きています。あなたは生き残りました。

 

体を動かして、心を安かにしてください。買わなければならないものはありません。特別な機材なども要りません。

 

今、あなたが必要としているものはもうあなたの手元にあります。それはあなた自身です。

 

大きく息吸って、落着きましょう。基本的な呼吸法を練習することで、ストレスを解消し、ケアのプロセスをスタートさせましょう。

 

基本的な呼吸法

まず、5 回呼吸します。一分間以上呼吸します。深く呼吸すればするほど、癒されます。

 

基本的な呼吸法と鼻・口を使った呼吸法は、体をリラックスさせる他、緊張を解消してくれます。

 

どちらか一つの方法を使っても良いし、両方使っても良いです。

 

 

簡単な呼吸

深呼吸をします。 完全に息を吐きます。 これを 5 回繰り返します。

 

鼻と口での呼吸

鼻で息を吸います。 口で息を吐きます。これを 5 回繰り返します。

 

なぜ呼吸法を?

呼吸は、体と心を繋げます。焦っている時には、呼吸が浅くなりがちで、筋肉が硬く締まってしまいます。

 

ですが、ゆっくりと深呼吸をすることで、筋肉がリラックスします。深く呼吸すると、心もリラックスします。深呼吸をすると、緊張が解けます。

 

他にどのような利点があるの?

呼吸をするたびに、新鮮な酸素が体に入っていきます。酸素は筋肉と脳を活性化してくれます。つまり、酸素は脳の養分だと言えます。これで、体が強くなり、精神的に覚醒します。

 

息を吐くたびに、二酸化炭素、すなわち要らないものを体から出します。これが健康なメカニズムです。息は体を養い、きれいにしてくれます。

 

四角形呼吸法

不安な時に、四角い呼吸法を使いましょう。四角い呼吸法は、不安な心を安心・安定させてくれます。

 

四角形の物を見てください。パソコンの画面、箱、床や天井にあるタイルなどでも良いです。各面を見ながら、1 回ずつ呼吸します。

 

四角形呼吸法を 5 回行います。この方法はいつでもできます。四角いものが周りにない場合、自分の親指の爪を見て行ってください。

 

つまり、あなたはいつでも四角いもの(親指の爪)を持ち歩いているからです。

 

スポンサードリンク

 

安らぎの言葉を繰り返しながら呼吸する

言葉は強いものです。悪い言葉が私たちを傷つけてしまうのと同じように、良い言葉は、元気付けてくれます。他の人に褒められた時はどう感じるかを考えてみてください。

 

もっと強くなれます。自信を持てるようになります。言葉の力を使って、強くなりましょう。

 

『私は安全です。私は冷静です、私は安心しています。』

呼吸法を行っている時は、安心する言葉を繰り返しましょう。『私は安全です。私は冷静です』などの言葉を使って、自分を安心させ、心のバランスをとりましょう。

 

さて、3 回言ってみましょう。『私は安全です。私は冷静です、私は安心しています。』

 

基本的な呼吸法を行いながら言うと、言葉が活きてきます

息を吸いながら、『私は・・・』息を吐きながら、『・・・安全です。』を言いましょう。

 

「大切なものを抱いていくこと」思い出と信念

大切な思い出

大切なものを抱いてください穏やかな思いを忘れないでください

大切な人やものを思い出し『私は安全で、幸せです』だった頃を思い出してください。子供の頃の思い出。家族と一緒に過ごした特別な日。大切な友達や先生を思い出してください。

 

川辺に座り、穏やかな流れ見ていた時の自分や自分にとって大切な思い出を心の中で思い出してみてください。心の中で感じ取ってください。大切な思い出さえあれば、やっていけます。

 

好きな思い出を選んで、心の中で思い出しながらゆっくりと呼吸をしましょう

もうこの世にいない人々や、もう過ぎてしまった時間…実際存在していなくても、このような思い出はあなたの心の中で永遠に生き続けます。何があろうとも、奪われることのない思い出です。

 

嫌な思い出が頭の中で繰り返えされると、緊張した気持ちが募ります。過去の辛い体験を思い出すと、今の自分に肉体的な苦しみ(肩凝り、背中の痛み、頭痛、不眠)や精神的な苦しみ(困惑、情緒不安、記憶損失)を与えてしまいます。

 

あなたは、震災、津波の他、放射能の心配など、大きなトラウマを体験しています。想像しがたい苦しみに耐えてきました。

 

心のバランスを取り戻すためにも時間が必要です。ゆっくりと呼吸し、あなたに力を与えてくれる大切なものを思い出しましょう。回復の第一歩です。

 

信念を取り戻しましょう

神道や仏教など、あなたにとって大切な信念を取り戻しましょう

これは、大きな助けになります。あなたの信念を象徴するものを思い浮かべてください。

 

瞑想を行っている仏様の姿や、木、川などといった自然な景色です。人それぞれではありますが、あなたを癒してくれるイメージはありませんか?

 

目を閉じて、思い出してみましょう。体いっぱいに感じ取ってください。心の奥で感じてください。独りぼっちの時はありません。

 

一番苦しい時でも、あなたは必ず見守られています。ゆっくり呼吸をしている時、これを忘れてはいけません。

 

他にもつらい体験はありましたが、それでもここまで生きてこられた

今の経験は今までの経験とは比べ物にならないほど苦しいかもしれませんが、あなたにとってこれは初めての苦しみではありません。

 

過去を振り返ってみてください。きっと辛いこともありましたが、それを乗り越えることができました。

 

今回もそうです。この苦しみも乗り越えられるはずです。自分に自信を持ちましょう。

 

まとめ~この 2 つの文句を忘れないこと

1) 自身を無くさないこと

A) 呼吸法

1) 基本的な呼吸法

2) 鼻・口での呼吸法

3) 四角形呼吸法

4) 癒しの言葉

 

2) 大切なものを抱いていくこと

A) 思い出

B) 信念

 

あなたは生きています。

自分に言い聞かせましょう。『私は生きています。私は挫けません。私はこれを乗り越えられます。』 あなたは、たくさん苦しんできました。くれぐれも体に気をつけてください。

 

一日に数分だけを使って、このストレス解消法を行いましょう。

朝に行うと、元気に一日が始まる。昼間に行うと、安心できる。

夜に行うと、寝る前にリラックスできる。緊張が体から抜け出して行くと

同時に、余裕ができ、新たな力がみなぎってきます。

力・自信・安心。

この 3 つさえあれば、何でも乗り越えられるはずです。

 

 

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

コンプレックスを持っていても良い!?モノの見方を味方に!

短時間でポジティブな状態に 私たちの脳は、「落ち込む」「悲しむ」などのネガティブな感情が湧いている時は、そのまま、ネガティブな状態をキ…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る