自分に自信がない時は◯◯をやれば良いというメッセージ!?

自分に自信がない……不安だ……恐ろしい……(恐い)というのは、無意識が「何かをやりなさい」と伝えてくれているメッセージです。というのも「自信がない」と感じるということは、◯◯をするのが自信がないというように、「何かしらの行動」が無意識の中に隠れているのです。

 

そしてこれは私たちの脳が、「◯◯をすれば良いよ」「◯◯をすればうまくいくよ」というメッセージなのです。つまり「自信がない」「恐い」と感じたときは、無意識の奥に隠れているメッセージを聞くことが理想の人生を歩むポイントです。

 

実現させた方が良いことを明らかにする

今日から「自信がない」「恐い」「不安だ」と感じたら、その場で2,3回ジャンプして一歩横に移動します。(筋肉を動かすことで「ネガティブな脳の神経回路」を「ポジティブな脳の神経回路」に切り替えることができます)

 

その後で「自分は何に自信がないと感じているんだろう?」「私が今した方が良いことがあるとすれば、それは何だろう?」と自問してみてください。そうすることで無意識の奥に隠れている「実現させた方が良いこと」が明らかになりますよ。

 

スポンサードリンク

 

自分に自信がない原因の探し方とは?

自分に「自信がない」と思っているときは「これからやろうとしていること」と「過去の失敗したときの体験」を重ね併せていることが原因です。「自信がない」と思うときは失敗することを恐れているのです。ですから”失敗してもたいしたことない”と思ってみることもひとつです。


スポンサードリンク

 

それに「これからやろうとしていること」というのは、まだ起こっていないことですし(専門用語で「未来記憶」が担当しています。)「過去の失敗したときの体験」は”すでに起こった”ことです。(専門用語で、「過去記憶」が担当しています。)

 

つまり、「まだ起こっていないこと」と「すでに起こったこと」を脳内で勝手に同じ現象として扱い、「失敗したら、どうしよう」と勝手に恐怖心や不安感を感じているだけなのです

 

「過去の失敗の体験」を切り離す!

今日から業務を行うときに「自信がない」「不安だ」と感じたときは、「これから挑戦しようとしていることを私はすでに失敗したのか?」と自問してみてください。そうすることで「これから挑戦すること」と「過去の失敗の体験」を切り離すことができ、行動するための不安感や恐怖心が消えていきます。

 

不安感や恐怖心が消えたあとは「これから私が挑戦することをすでに実践して成功している人は誰だろう?」「どの本や資料を読めば上手くいく情報が手に入るだろう?」と自問して、上手くいく情報をインプット(学ぶ)することで行動できるようになりますよ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

アロマテラピーで入浴前にリラックス~お風呂上がりはデトックス&ドライヤー足ツボ刺激!?

誰でも気軽にできる! 植物の持つ不思議な力を、心身の安定の役立てる究極の方法がアロマテラピーです。植物から抽出した精油を温めて、その香りを…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る