「不安」な気持ちや「落ち込み」を活用する!「不安」は、「何かを知れ」というメッセージ!

 

「不安」は、「何かを知れ」というメッセージ

ビジネスをしていると、「この取引がまとまらなければ、どうしよう…」「今月の目標が達成できなければ、どうしよう…」「今月の資金繰りは、大丈夫かな?」「部下は、業績をちゃんとあげてくれるだろうか?」など、不安を感じる場面が多々あります。

 

そして、不安というと、どうしてもネガティブなイメージで捉える方も多いと思います。しかし、「不安感」というのは、実は、無意識が「何かを知ると良いよ!」「あなたが望む成果を実現するためには、もっと知ることがあるよ!」というメッセージなのです。

 

どうすればいいの

今日一日、あなたが、何かに不安を感じたら「私は、何を知れば良いのだろうか?」と自問してみてください。

 

そうすることで、今のあなたに必要なことや行動するためのヒントが、思い浮かびやすくなります。そして、思いついたことは“超速”で実践してみてください。

 

このステップを繰り返すことで不安がなくなっていきますよ。

 

落ち込んだ時は、上を向く!

人間の心と筋肉の動きは、密接に関係しています。つまり、姿勢や呼吸の仕方が、感情に大きく影響を及ぼします。

 

今日一日、落ち込んだり、悲しくなるなどネガティブな感情が湧いたら、すぐに、両手を広げ、斜め上を見上げることをしてみてください。

 

この姿勢の時は、人間は、落ち込むことができません。5 分~15 分続ければ、ネガティブな感情が消えていくのが実感できるはずですよ。

 

スポンサードリンク

 

自分のことが好きになるから、能力を発揮できる

人間の特質の一つに「自分に対する好感度と能力は比例する」というものがあります。つまり、自分のことが好きだからこそ、自分の持っている能力が発揮されるのです。

 

逆に、落ち込んだり、自信がなくなっているときは、自分に対する好感度が落ちている状態です。

 

どうすればいいの

落ち込んだり、自信がなくなったときは、自己好感度を上げるためにパートナーやメンターに現状を素直に話し、その方から、アドバイスをもらったり、叱咤激励を受けてエネルギーをもらいましょう。

 

そうすることで、自己好感度が上がっていきますよ。この際の注意点として、相手に依存しないことです

 

ポイントは、「自分で自分の望む成果を実現させる」「自分の人生に起きていることは、全て、私が責任を持つ」という考えを常に持ち、自立心を持って、パートナーやメンターと付き合っていくことです。

 

自分を今以上さらにもっと、好きになる方法

自分を好きな人の特徴として

 

・(対人好感度が高く)人に好かれる

・自信がある

・能力を発揮できる

・行動力が上がる

 

などが挙げられます。

 

そして、自分を好きになるための簡単な方法は、自分にした「小さな約束を守る」ことです。

 

今日一日、

 

・時間を守る

・「やる」と決めたことを実践する

 

など、無理のないレベルで、自分と小さな約束をして、その約束を守ってみてください。そうすることで、自分のことが今以上、さらに、もっと好きになり自信がついてきますよ

 

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

“反骨心”は行動するための大きなエネルギー~自分のネガティブなスイッチを自覚する!

反骨心は行動するための大きなエネルギーになる 世間では、「悔しさ」「怒り」「反骨心」など、「ネガティブな感情」を敬遠する傾…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る