シャンプー時にはリラックス頭皮マッサージを!

 

血流を促そう

カッとなることを「頭に血が上る」といいます。頭に血が上った状態が「カッとなっている」状態なら、その上った血を心臓に戻してやれば、怒りは収まるはずです。

 

そこで、シャンプーのときは、ついでに頭皮のマッサージをして血流を促しましょう。両手の指の腹で後頭部から側頭部、頭頂部の順で押していきます。ひじを張って、指は5本すべてに力を込めます。

 

頭が重いときにも、このテクニックは有効です。シャンプーの時だけでなく、偏頭痛がつらいときなどは頭を指圧してあげるのもいいでしょう。

 

スポンサードリンク

 

リラックス頭皮マッサージで顔の「たるみ」予防

年をとるとほほが下がって「たるみ」ができます。 顔の輪郭を支えているのは頭皮です。 弾力 を失った頭皮は、顔の皮膚を支えられなくなってしまいます。 毛髪密度や毛髪の「ハリ」や「コシ」 のためにも、毎日の頭皮マッサージが重要です。

 

頭皮マッサージは洗髪の時におこなうのがいいです。 髪の毛の 80%はタン白質からできているため、アミノ酸系シャンプーを使われるのをお薦めします。

 

これは洗浄時にアミノ酸が流出するのを防ぎ、潤いを与え、雨の日のうねりや紫外線によるダメージを防いでくれます。

 

アミノ酸系シャンプーを見分けるポイントは、成分表示の前半に「コカミド○○」や「ココイロ○○」と書いてあるのがそうです。 成分表の後半に書いてあるのは主成分ではないので駄目です。

注)コカミド○○、ココイロ○○ ともに天然ヤシ油から抽出される界面活性剤で、アミノ酸と結合して洗浄剤として使っている。

 

リラックスボディケア

何度も重ね塗りした日焼け止め、夏の冷房や冬の暖房、春頃から増加する皮脂など、1年を通じて皮膚へのダメージは多いです。

 

皮膚のバリア機能が乱れると、肌の乾燥が進むだけでなく、刺激物質が肌の中に入り込みやすくなり、それによって「かゆみ」などのトラブルが引き起こされます。

 

お風呂でできるリラックスボディケア法

1.アミノ酸系のボディウオッッシュで洗うこと

2.湯船にゆっくり浸かること

 

ナイロンタオルなどでごしごし洗うのではなく、綿のタオルや手で洗う方が、より肌に優しく、しっとりとします。

 

また湯船にゆっくり浸かって、シャワーで流すだけで、体の汚れは大分落ちます。 熱いお風呂は肌が痒くなってしまうことがあるので。ぬるめのお湯にゆっくりつかるのがオススメです。

 

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

仕事に気分が乗らないときの…対処法

好きな部分から片づけてみよう 体も気持ちも重くて、なかなか仕事に前向きになれない日は、どうしたらいいでしょうか?「気分が乗らないから今日は…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る