眼精疲労を取る裏ワザ~現代人の目は疲れている!眼精疲労って?

 

現代人の目は疲れている!

人は、情報の80%以上を視覚から得ているとされています。現代人は、テレビやパソコン、携帯電話などに囲まれており、仕事や日常生活の中で、これらの電子機器は欠かせないものとなっています。

 

それに伴い、「目の疲れ」や「イライラ」等、何らかの目の悩みを抱えている人も少なくありません。そのままにしておくと、目の疲れは慢性化することもあります。

 

眼精疲労って?

目が疲れている状態を、『疲れ目』や『眼精疲労』といいますが、実は、この2つの意味は同じではないことをご存知でしょうか。休息によって回復する場合が『疲れ目』、休息をとっても症状が残る場合が『眼精疲労』です。

 

『眼精疲労』は疲れ目よりも、より重い症状を伴います。症状には、目に直接出てくる症状と、身体に出てくる症状があります。

 

では、具体的にどのような症状が出るのかを確認してみましょう。

gannseihirou

スポンサードリンク

 

疲れた目をリフレッシュ!

長時間のデスクワークや車の運転などで疲れきった目を休め、リフレッシュさせるためのマッサージをご紹介します。


スポンサードリンク

 

①まず、目のピント調節機能を回復させます。作業の対象から一旦目を離し、遠くのほうをぼぉーっと眺めてみましょう。続いて顔を動かさずに右を見ます。その次は左。そして、ぐるっと目玉を回してみましょう。

 

②ひと通り①の動作が落ち着いたところで、自分の姿勢を確認します。背中が丸まっているようなら、体の力を抜いたまま背筋をスッと伸ばします。

 

③目をギュッと強く閉じます。

 

④目を閉じたまま、机に両肘を置き、両手の手のひらで両目を覆います。

 

⑤大きく、深い呼吸をします。回数は5回ほど。息を吐くときは、目の疲れが解けていくイメージを持つようにしましょう。

 

⑥続いて、大自然のなかにいる自分をイメージします。そのイメージのなかで、遠くに見えるものをみつめてみましょう。そのイメージのなかで、遠くに見えるものを見つめてみましょう。海の向こうに見えるヨットでも、夜空に輝く星での、草原の彼方に見えるシマウマでも構いません。

 

⑦次に、浜辺にいる自分をイメージします。あなたは波を見つめています。あなたが息を吸えば、波は浜辺に打ち寄せます。あなたが息を吹き出せば、波は沖の方へ引いていきます。このイメージを保ちながら、呼吸を続けます。

 

⑧顔から手を放し、目を開きます。両手の親指と人差し指で目の周りの骨に沿って指圧します。

 

⑨今度は、親指と人差し指で鼻筋をつまみます。その後、同じようにまゆ頭をつまみます。そのまま、まゆ毛に沿って徐々に外側に移動しながら、指圧をします。まゆ尻まで移動したら、もう一度深呼吸をして終了です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

暑い真夏と寒い真冬、どう眠る?一日のリズムは目覚めで決まる!

 熱帯夜でもおなかは冷やさずに! 夏につきものなのが、ジメジメして蒸し暑い夜。「今日も寝苦しい夜となりそうです!」が、夕方の天気予報の常套…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る