人間の声には大きなパワーが!声のパワーを感じよう

午後の仕事でついついウトウト……としていても、自分にかかってきた電話を取ったら途端に目が冴え体が温まって一気に集中が高まった!なんて経緯はありませんか?人間の声には、大きなパワーが込められているのです。

 

仕事で最も重要なこととは?

声を掛け合うのは、人間にとってとても重要なことです。どんな仕事でも、声を使っての伝達を重要視します。コミュニケーショーンが上手にとれない人は、仕事のうえで実際以上に低い評価を与えられてしまうことがあります。実際は上手く進んでいるにもかかわらず低い評価を与えられてしまうのは不本意でしょう。

 

ここで言う「コミュニケーションが上手にとれない」とは、単に口下手な人を指すのではありません。「人付き合いなんて必要ない」と考えているような、人間関係にまったく興味のない人を指します。

 

スポンサードリンク

 

集中に必要な刺激

交通機関の運転士や工事現場で働く人など、多くの命を預かっていたり自分が危険と隣り合わせの場所で働く人は大きな声を出しながら危険防止のための確認をします。

 

声を出せば、自分の耳には内側と外側の両方から声の振動が伝わることになります。集中に必要な刺激といえるでしょう。

 

スポーツにおいても声を出すことによる効果は非常に大きい

大きいどころか「声を出さない選手が上達することはない 」と言って良いほどです。これにはスポーツ心理学や運動生理学から見た三つの効果「科学的効果」「精神的効果」 に加え「実質的効果」までの根拠があります。

 

【科学的効果】

大きな声(特にシャウト)を出すことで神経系における運動制御の抑制レベルをはずし、筋肉の限界値まで力を発揮させる効果、つまり声を出すことによって自分のパフォーマンスを最大限に近づける効果が期待できる。⇒声はもう1つの筋肉といわれます。

 

声を出すことによって、一時的に呼吸が深くなり断続力な深呼吸をしているのと同じ状態になる。つまり、心肺機能を高め、集中力・ネバリ・ 集中力・ネバリ・持続力が向上します。

 

【精神的効果】

*やる気・気合・意気込み を高める。
*自分や仲間への励まし効果
*セルフトークによる自己暗示効果~自分への(勇気・ゆとり・理想的パフォーマンス)プラス効果

 

【実質的効果】

チームプレーにおける意思疎通(リズム・タイミング)
危険防止(存在確認、接触の防止)
声を出すことによって、自分たち独自の空間(空気)を創りあげる(一体感)

 

「声」ってすごいな~と思いませんか?《まとめ》

○瞬発力・持続力の両方を鍛えることができる えることができる えることができる(体力面)

○自分をコントロールすることができる をコントロールすることができる をコントロールすることができる(精神面)

○より効果的な練習・試合ができるようになる ができるようになる ができるようになる(実質面)

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

5分でできるストレッチ!「座禅」足の組み方

雑念妄想をはらって「無私」の境地になる! 座禅は日本古来の素晴らしい精神修養の作法です。世の悩める人々を救うために、日夜修…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る