体調が悪いと「集中」どころじゃない!体調を整えよう

高い集中を保つために最も大切な要素のひとつに、「体調」があります。もうすぐ卒業シーズン到来……という2月下旬、日本列島には大きなマスクで顔を覆った大人たちが急増します。花粉症です。目はショボショボで、鼻水は止まらない。くしゃみは出るし、鼻のかみすぎでなんだか耳の調子までおかしくなって……。こんなことでは、集中しろというほうが無理でしょう。花粉症に限らなくても、例えば単純な風邪や発熱でも同じことが言えます。歯が痛んだり、ケガをしたりしてもそうです。日常生活を送るのさえ、いっぱいいっぱいな体調なら、作業中の集中はまず望めません。

スポンサードリンク

普段のメンテナンスがカギ

もうちょっと突き詰めて考えれば、五感を受け取る機能が集中力にとってどれほど大切かということが見えてきます。目に潤いを保ち、耳を掃除し、鼻水が出ないような体調をキープする。歯をしっかり磨き、肌を清潔にする。……つまりは、一日一日、自分の体をしっかりメンテナンスすることが、集中力を発揮する基本ということです。そのほか、何気ない着替えや換気など、自分が「不快だ」と感じたときにそれを取り除くための行動も、このメンテナンスに含まれます。

日常の行動が、すべてここぞというときの集中力に関わっていると言っても過言ではありません。いかに普段リラックスさせ心身ともにニュートラルの状態を作っているかが、いざトップギアに入った時の爆発力につながります。


スポンサードリンク

 

朝ごはんで体調を整えよう!朝ごはんの五大効用

1.体の活性化

朝ごはんを食べることで、五感(味覚・嗅覚・聴覚・視覚・触覚)が刺激され「脳」と「体」が活動するためのウォーミングアップ効果があります。

2.肥満防止

朝ごはんを食べないと、お腹が空きすぎてしまい、つい昼食を過剰に食べてしまう…。このような状態が続くと、体はエネルギーを極力使わず貯めておこうとします。そのためエネルギーが使われにくい体になり、太りやすくなってしまうのです。

3.毎日快腸(快調)

朝ごはんを食べると、胃腸も目覚めて活発に活動を始めます。その結果、便通もよくなり排便のリズムも整います。

4.脳のエネルギー補給

人間が呼吸したり、眠ったりするのにもエネルギーが必要です。夕食を食べた後、昼食まで何も食べなかったら、体はエネルギー不足になってしまいます。なかでも脳は、エネルギーをたくさん使います。きちんと朝ごはんを食べて、脳に十分なエネルギー補給をしておけば午前中の仕事や勉強にもしっかり取り組めます。

5.生活習慣病予防

1日3回、食事をとるのには理由があります。食べ物を摂ると、体の中でエネルギーに作り変えられます。食事を抜いたり、まとめてたくさん食べたり、ダラダラといつまでも何か食べていたりするような生活を送っていると、食べた物をエネルギーに変えるという体の働きが狂い、内臓も疲れてしまいます。 その結果、生活習慣病になってしまうこともあるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

自分を責めすぎずに問題を解決する方法~セロトニンを増やして心の健康づくりを!

皆さんは問題が起きるとどうしますか? 原因を探って解決しようとしませんか。例えば、機械の故障ならば、原因を探り、修理すると…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る