仕事に気分が乗らないときの…対処法

好きな部分から片づけてみよう

体も気持ちも重くて、なかなか仕事に前向きになれない日は、どうしたらいいでしょうか?「気分が乗らないから今日は仕事しない」なんてわがままが通用すればそれで済む話なのですが、残念ながらそれは無理です。そうかといって、単純作業から入って集中力を徐々に高めようなんて気持ちすら起こらない……。困った状況ですが、十分にあり得ます。

一つ目の案としては、「やるべき仕事の好きな部分をまず片付けてみる」というものがあります。すでに実践している方も多いかもしれません。荷物を運ぶなら、一番運びやすいものから、電話をかけるなら、一番話しやすい人からかけてしまうのです。それが「やるべき仕事の嫌いな部分」を乗り越えるための助走となります。

スポンサードリンク

嫌いな部分から片付ける手も!?

ただ、この方法は問題もあります。嫌いな部分をズルズル先延ばしすることにより、前にも増して嫌になってくる可能性も、ないわけではないのです。特に好きな部分を片づけるのに思いのほか時間がかかった場合、この事態は起こりがちです。そこで二つ目の案として、「やるべき仕事の嫌いな部分をまず片付けてみる」というのも有効な手段です。

集中しているか否かはとりあえず置いておいて、仕事を片づけることがまず第一、という考え方です。ただ、一見集中力を度外視しているようで、実際は「この仕事さえ終われば、あとは好きな仕事だけだ。早く終わらせたい」という気持ちが働き、結構集中しているものです。


スポンサードリンク

 

20 代OLに聞いた「仕事中の気分転換」

仕事中の気分転換の方法について聞きました。その結果、気分転換で一番多いのは「コーヒーブレイク」で、勤続年数にかかわらずトップにあげられ、次いで「同僚とのおしゃべり」があげられていました。また、勤続年数別に気分転換の方法に違いがあるかを見ると、『新人』が『ベテラン』より多かったのは「同僚とおしゃべり(47%)」、「友達に電話やメール(37%)」、「外の空気を吸う(35%)」が多く、一方、『ベテラン』の方が多く取り入れている気分転換は、「コーヒーブレイク(91%)」、「お菓子を食べる(27%)」や「歯みがき(18%)」でした。

 

ストレスはためずに、こまめに解消を

「ちりも積もれば山となる」ように、小さなストレスでもそれを重ねていくうちに、病気を引き起こすことが知られています。こまめにストレスを解消しておくことをおすすめします。今回の調査で、「さぁ、頑張ろう」と元気になったり、「気分がスッキリして目がさめた」と答えている方たちは、ストレス解消が覚醒効果に結びついた結果でしょう。

また、ストレスによるイライラが解消して、ゆったりした気持ちになったり、やさしくなった方もいます。一方、ストレス解消を試みても「あまり変わらない」と答えた方は、その方法を変えてみると効果が出てくるかもしれません。自分なりのストレス解消法を早く見つけてください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

心が疲れた時…気持ちを楽にする為に読む本リスト150冊

タイトル(著者/出版社/出版年) 1 あさ/朝 (谷川俊太郎 著/アリス館/2004) 2 あな…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る