ぬるめのお湯で眠りやすい状態に~湯船に入れないときは部分浴でOK!

 

目安は38~40度

ぐっすり眠るために大切なのは、まず入浴です。

 

お風呂で体を十分に温めることによって、睡眠前の体温調節がスムーズになります。放熱作用による自然な体温の低下が、眠りに入りやすい状態を作ります。できれば、シャワーだけで済ませるのではなく、湯船にお湯を張ってしっかり浸かりましょう。

 

快眠のための適温は、38~40度くらい。ちょっとぬるく感じるくらいのお湯に、20~30分かけてゆっくり浸かるのが効果的です。お湯が熱すぎると、体への刺激が強すぎて、眠りやすい状態にするどころかかえって活発になってしまます。

 

ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、筋肉はほぐれ、血液の循環もよくなります。

 

お風呂上がりはどう過ごす……?

いくら「入浴が睡眠に直結する」といっても、お風呂上がりにすぐふとんに入ったのでは、体が火照ってなかなか眠れません。

 

寝付きをよくするためには、布団に入る1時間前くらいにお風呂を出るようにしましょう。入浴の時間帯は、睡眠に入る時間から逆算して考えるのです。

 

夏場は、お風呂上がりに汗がひかないこともあります。すぐにパジャマを着るのではなく、バスタオルを巻くなどして汗がひくのを待ちましょう。

 

男性の場合、お風呂上がりはパンツ一丁でそのまま!という人もいるでしょうが、冷房の風に当たりすぎないように心がけてください。また、水分の補給は大切ですが、冷たい飲み物をガブガブ飲むのは控えましょう。

 

一方、冬場は湯冷めの心配があります。お風呂から上がる際には体をしっかり拭き、寒かったら無理をしないで靴下を履きましょう。


スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

足浴・手浴・ひじ浴の方法は?

病気やケガで入浴できないときや、湯船が狭くてお風呂でくつろげない場合は、自分の部屋で部分浴を試してみましょう。

 

部分浴は、普通の入浴に比べて循環器系への負担が少ない割に、入浴とさほど変わらない効果を得ることができます。お湯に浸す部分によって、足浴・手浴・ひじ浴というように分かれています。

 

足浴は、ひざ下だけをお湯に浸す入浴法。バケツに45度ぐらいの集めのお湯を張り、ふくろはぎまで浸けます。

 

「第二の心臓」ともいわれる足を温めることにより、汗をかきやすくなり、疲労物質が体外に排出されるのです。足の指を開いたり閉じたりしながら入浴すると、より血行がよくなり、疲労回復効果が高まります。

 

手浴の場合、洗面器にお湯を張り、手首までつけるようにします。お湯の温度は42度前後が適温です。時間は5分ほどが一般的です。

 

手のひらを温めるだけなのですが、筋肉の疲れや冷え性が和らいだり、血行障害が改善されたりすることもあります。

 

ひじ浴は、上腕の半分くらいまでを5分ほどお湯に浸します。お湯の温度は手浴と同じで、42度前後が適温です。これも筋肉の疲れや冷え性に効果があります。

 

部分浴は、肩こりの解消にも効力を発揮します。肩がこると、私たちは直接肩をマッサージしてコリをほぐしたくなりますが、自分で肩を揉んでもなかなか肩こりを解消させることはできません。

 

足浴や手浴、ひじ浴で、体の末端や関節など、血流の流れが悪くなりがちな部分を温め、コリを根本から解消させていきましょう。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

イライラ気分を吹き飛ばす呼吸法!ポイントは「吐く」こと!?

疲れを忘れられる! デスクワークでこわばった体、どうしてこんなに仕事が次から次へと出てくる!という腹立たしい気持ち。 …

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る