口にクッションを当てて絶叫!?口から放出する有効なストレス解消法

 

有効なストレス解消手段

イライラが頂点に達したとき、どんなビタミン剤よりも効果があるのが「絶句」です!

 

交渉は順調だったはずなのに、取引先が突然渋りだした。夫婦ゲンガをした。急いで会社に戻らなければならないのに、電車が止まっている。家に帰ってたら帰ったで反抗期の子供が突っかかってくる……。

 

「叫びたい!」と思うこんなときは、その通り、叫んでしまうのが一番有効なストレス解消手段なのです。

 

だからといって、街のど真ん中で闇雲に叫んでも、警察を呼ばれるだけ……(笑)ここでは正しい叫び方をご紹介しましょう。

 

スポンサードリンク

 

ストレスを口から放出!

基本的には、家の中で叫ぶようにします。

 

叫ぶとき、口にはクッションや枕を当てましょう。こうすることで、家族や近所の人に迷惑をかけずに思う存分叫べます。車を持っている人であれば、ひとりでドライブをしながら叫ぶのもひとつの方法でしょう。

 

仕事・人間関係・政治・天候……。自分の力ではどうにもこうにも解決策が見出せないけど、とにかく腹が立つ事柄について、可能な限り大声で怒鳴ります。思い浮かぶ言葉を、そのまま声にして構いません。

 

心の中にため込んでいるだけでは、いつまでたっても解放されません。怒りを声に出して口から吐き出すことで、体のなかに溜まっているストレスが口から出ていったとイメージすることができます。

 

絶句は、一番簡単な精神的デトックスなのです。

 

女性はストレスとつきあい上手?

普段の日常生活からも分かるように、女性にはおしゃべり好きな人が多いです。

 

これはストレス解消の点から見ると、正しい発散方法であり、特別お金もかからないため、自分と同じような環境にある気心の知れた仲間とのおしゃべりはストレス解消へとつながっているのです。

 

しかし一般では、ストレスが引き金になるうつ病や神経症などの心の病は、男性よりも女性に多いという傾向にあります。


スポンサードリンク

 

特にうつ病では、性格的に生真面目で完全主義の人に多いのですが、35~45歳で発症する率が高いという点から見ると、子育てが一段落ついたり、 働き盛りの夫が家庭を省みなかったり更年期の始まりの時期で体調が変化することが大きく変化しているかもしれません。

 

つまり、この年齢の人ほど、上手にストレス発散をする必要があるのです。

 

ストレスの悪循環~うつ病について知ろう

うつ病は気分障害であり、気分障害は気分や気持ちに影響する病気です。

 

うつ病の人はどうしようもないほど大きな悲しみを感じ、「むなしい、どうすることもできない、孤独だ」という気持ちになります。

 

なぜそんなに悲しいのか、本人でさえ分からないのです。また、うつ病になると日常生活がうまく送れなくなり、睡眠障害を引き起こします。

 

治療方法として挙げられるものは、 抗うつ薬という薬を処方することです。これは、憂鬱な気分を普通の気分にする薬であり、普通に生活が送れるように、気持ちを落ち着かせてくれるものなのです。

 

抗うつ病は、4~8週間で効果が出て気分を良くし、感情をコントロールする脳の化学物質の分量を上げる働きをします。また、心理療法として話を通して行う心の治療方法もあり、心理療法はセラピーと言い、セラピーを行う人をセラピストと言います。

 

通常、精神科医や心理学者がセラピーを行います。セラピーは、特に軽症のうつ病に効果的であり、10~20週間ほどで効果が現れてきます。

 

これらは一般に誰にでもかかりやすく、私たち学生にも十分に起こり得る病気なのです。

 

このような病気にかからないためにも、自分に合ったリラックス方法をしっかり考え、ストレス解消をしていかなくてはなりません。

 

例えば、運動をしたり、スポーツ観戦をしたり、カラオケに行ったり、よく睡眠したりとストレス解消法はさまざまです。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

心配ごとがあまり気にならなくなる顔のツボマッサージ

頭への血流を促そう 時に人間は、考えてもどうしょうもないことを考えてしまうものです。そのせいで、物事を実際以上に大きくとら…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る