部屋の整理整頓のコツはたった3つだけ……!?

自分の部屋や会社の机の上が散らかっていると、それだけで気分が乱れてしまいます。身の回りも頭の中も頭の中も混沌としてまま、さらに次から次えと物や情報を溜め込むだけでは、大事なときに必要な物が見つけられなくなってしまうでしょう。

 

他人からすれば「そんなものさっさと捨ててしまえばいい」と思うような物でも、あなたにとっては宝物なのかも知れません。一つひとつの「そんな物」にドラマがこもっています。ただ、この宝物のせいで今本当に必要な物が埋もれてしまっているのであれば、少々考えものでしょう。整理整頓のコツ……実は次の3つだけなのです。

 

  1. まず捨てる!
  2. 定位置を決める!
  3. ”元に戻しやすい”を意識する!

 

このことを意識すると簡単にお部屋の整理整頓ができます。では、さっそく試していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

整理整頓その①~思い出の品を…まず思い切って捨てる!

小さな思い出、その一つひとつは素敵なものでも、それが束になって部屋のなかを占領している現状を目の当たりにすると、その「思い出ドラマ」の主人公であるあなたの気分も滅入ってきます。

 

ここが決断の時です。本当に「今でも必要だ」「今でも幸せな気分にしてくれる」と思う物以外は思い切って捨ててしまいましょう。重要なのは「絶対に残したい!」と思う物しか残さないことです。妥協はゆるされません。


スポンサードリンク

 

そうかといって、衝動的になんでもかんでも捨ててしまっては確実に後悔します。「いる物」と「いらない物」の振り分けは慎重かつ大胆に行わなわなければなりません。

 

整理整頓その②~ストック品の置き場所を決めましょう!

ティッシュペーパーや水・食料などのストック品は、それぞれの収納場所を1カ所に決めてそのスペースに収まるだけを買うようにしましょう。

 

安いからと大量に買いだめすると、収納に苦労したり賞味期限が切れてしまったりと、かえって損をすることになります。

 

整理整頓その③~「元に戻しやすい収納」を心がけましょう!

収納スペースには、物をいっぱいに詰め込まず容量の半分程度におさえることを目標にしましょう。大切なのは「取り出した物を再び戻しやすい収納」にすること。

 

衣類にしても調理器具にしても「積み重ねない」ことが基本で、立てて並べることで取り出した部分に隙間ができるようになり戻す作業が楽になります。

 

最後に…

  1. まず捨てる!
  2. 定位置を決める!
  3. ”元に戻しやすい”を意識する!

どうですか?簡単でしょう?一連の作業を終えたとき、あなたの部屋は見違えるほどスッキリとするはずです。そして本当に残したいと思うものだけが残りそのための置き場所も確保できます。大切なものをいつまでも床に投げ出しておくことはもうなくなるのです。

 

スッキリするのは、何も部屋の中だけではありません。あなたの頭や心も整理されて今までにないスッキリ感が充満することでしょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

「好きなものに没頭」だけではいけない~集中できる人とできない人の差はここだ!

今、自分は何をすべきなのか…まずそれが見えなければ集中することなんてできません。何に集中すればいいかわからないからです。逆に言えば、「自分は…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る