マイナスのイメージを薄める~不安を感じた時の応急処置に!

 成功のイメージを大きく持つ!

「失敗したらどうしよう……。」という不安は、大きな挑戦を控えた人なら誰しも一度は持つものです。むしろ、持つ方が自然だともいえるでしょう。

 

ただ、これが「また失敗するかもしれない……」となると、少々ニュアンスが変わってきます。この不安が生まれる場合、以前の失敗を映像として鮮明に記憶しているということになります。

 

失敗した記憶や、「こうやって失敗するかもしれない」というイメージは、ネガティブな性格の人ほど持ちやすいものです。そして厄介なことに、いつまでも失敗のイメージを引きづることで、「肝心なところで失敗するのが自分らしい」と感じてしまうところがあります。

 

成功のイメージについてこう考えることが出来れば、こんなに素晴らしいメンタルトレーニングはないはずなのですが……!

 

失敗の記憶やイメージを、自分の中から完全に消去することは不可能です。しかし、成功のイメージを大きくすることで失敗のイメージをの濃度を薄めることはできます。

 

ありていにいってしまえば、成功のイメージなんてなんでもいいのです。要は質ではなく数の問題です。

 

例えば……ここまで1勝19敗の相手と対戦するとしましょう。浮かんでくるのは失敗した・負けたイメージばかりのはずです。

 

でも今日の対戦は違う!ゆうべはいい夢を見た!朝ごはんの時茶柱が立った!好きな人にお守りをもらった!神社へのお参りも万全!現在18連敗中だけど、そろそろ勝つ番かもしれない……!

 

とにかく、プラスの要素の頭数を増やし、マイナスのイメージを隅に追いやってしまえばいいのです。

 

スポンサードリンク


スポンサードリンク

 

不安を感じた時の応急処置に

未来に不安を感じたら…今、どうしたらいいか立ち止まってしまったら…まずは心に元気をチャージして、次の一歩を踏み出すために、セルフでできる簡単イメージヒーリングを紹介します。

 

セルフヒーリングのやり方

○ お金に対するマイナスのイメージ(苦しい・申し訳ない・罪悪感・悲しい…) を感じたら,なるべく落ち着ける静かな場所に行き,腰掛けます。(背もたれがあると、より good!)

○リラックスしながら,胸に手を重ね,ゆっくりと深呼吸します。

○手のひらの下にある、不安や苦しい気持ちを深呼吸で吸い込んだ空気に混ぜて、吐く息と一緒に身体から出すイメージをします。(不安が黒いもやもやだとしたら、それを吸気に混ぜて、呼気とともに排出するイメージ。一息ごとに胸の中がクリーンになっていく感覚を味わう)

○ 今まであなたの中にあったマイナスのイメージは,今はもう必要でないことを自分に言い聞かせて,どんどん身体から出していきます。イメージの中で胸の中がクリーンになるころには、不安感情はかなり和らいでいるはず!

 

※ 不安を感じたら、5~10分くらいやると、かなりスッキリします!毎日の生活で,折に触れて何度も癒しをすることで,少しずつ,不要な思い込みを手放すことができます。ご自分で霊氣を使える人は,よりパワフルにマイナスイメージを癒すことができますよ。

 

※ 不安感情の緩和以外にも、「深呼吸+イメージング」は、潜在意識にイメージを落とし込みやすくします。「夢実現」に利用してみてもいいですね♪その場合は、イメージしながらワクワク感、幸せ感、感謝の気持ちなど、プラスの感情と共に想像するのがコツです。

 

※それでもどうしても不安なときは、不安なことを思いつく限り紙に書き出し、できることをひとつひとつ解消するのもお勧めです!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

自分で行う5つのストレス対処法

① 睡眠を充分とる 自分で行うストレス対処法の一つ目として睡眠を充分とることです。そのことが疲労回復やストレス解消、事故防…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る