5分でできるストレッチ!「ヨガ」「死んだ人のポーズ」でリラックスできる!

腹式呼吸法

始めに 呼吸法を練習してみましょう。基本となる呼吸法の約束から説明します。本格的に呼吸法を練習するときは、

 

・食後すぐは避けましょう。食べ物が胃にはいってないときがいいです。

・なるべく空気のきれいな静かなところで、心を落ち着けて行ないましょう。

・吸う時は鼻から、吐く時は鼻、または口からです。(*沖ヨガは日本の修行法の伝統や中国の気功導引術の呼吸法が入っているため。口から吐くこともします)

・息を止めるクンバカは慣れてから、徐々に行なうようにして下さい。

 

楽な姿勢で坐り、背筋を伸ばしあごは軽く引きうなじを伸ばします。最初軽く息を吐き出してから、お腹を膨らませ息を吸い、お腹を凹ませながら息を吐くを繰り返してください。

 

息を吐く時は、お腹と肛門(骨盤底)を締めます。お腹に気のボールがあるようにイメージし、それが膨らみ、縮むのを感じてみて下さい。

 

腹式呼吸は、肺の下にある横隔膜をお腹の動きと連動させ大きく動かせています。そのため肺の底(下肺部)まで空気を出し入れする深い呼吸が出来るのが腹式呼吸です。

 

ゆったりリズミカルにこれを繰り返していますと心がとても落着いてきます。内臓や神経をゆったりマッサージしているようなもので、体にもとても良いです。

 

カラダのクールダウンにお勧めしたい

インドから世界に広まったヨガ。カラダをくねらせて、人間離れしたポーズをとるのが特徴的と思われがちですが、実際、街にあるヨガ教室をのぞいてみると、とてもナチュラルで健康的です。


スポンサードリンク

 

ここではごくカンタンな、それでいて代表的なヨガのポーズを使って、ストレッチに応用してみましょう。

 

まず紹介するのは、「死んだ人のポーズ」などともいわれる、「屍のポーズ」。仰向けで横になり、腕を広げて、手のひらを開き、足も広げます。まるで「死んでいる人を連想させる」ようなこのポーズは、リラックス効果満点のポーズで、ストレッチの最後はこのポーズで終了するという重要なものなのです。

 

スポンサードリンク

 

5分でできるストレッチ!「ヨガ」②内臓にいい効果を与え、便通もよくなる~生まれる前の胎児に戻って、超リラックスモードに

ヨガにはさまざまなポーズがありますが、初心者にお勧めなものは、「胎児ポーズ」、あるいは「チャイルドポーズ」と呼ばれる、内臓にいい効果を与えるポーズ。やり方は、カンタンです。

 

まず、床の上に、仰向けに寝てください。腕を左右に伸ばし、足を大きく広げて、大胆なポーズをとります。そして、左右に広げた足を静かに閉じます。

 

閉じた両足は、息を吐き、ゆっくりと折り曲げながら顔のほうに近づけます。近づけたら、両手で、ひざをかかえこむようにします。

 

ひざをかかえた両手に、顔を近づけてくっつけるような姿勢をとります。まるで母親の胎内にいる胎児のような格好のため、名づけられたポーズです。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



関連記事

ピックアップ記事

どこでも集中できるようにするためには!?自分だけでウォーミングアップ!

ノイズや刺激をシャットアウト! 快適で静かなオフィスで仕事をするのに越したことはありませんが、実際はノイズが常に耳に入ります。しかしビジネ…

おすすめ記事

twitter

ブログをメールで購読

すとれすふりぃRelax-Ways

ページ上部へ戻る